2018
09.06

金の採掘権が付いた最北端の土地はオーロラが綺麗な所だった。

Propre Virtual Tourism

English / 中文 / 日本語

Propreには、世界15か国の1000万件以上の不動産情報が掲載されています。
ふと、Propre掲載物件の中で最も北にある物件がどんな物件なのか気になって調べてみました。

Propre掲載物件の中で最北端の物件の場所は、アメリカ合衆国アラスカ州のKotzebue(コッツェビュー)というボールドウィン半島の先端に位置する人口3,201人(2010年時点)の小さな都市のはずれです。

コッツェビューは、コバック・バレー国立公園や北アラスカ、そして北極への玄関口としても知られる都市です。
2月の平均気温が-23.3℃という極寒の地で、冬は全面雪で覆われるだけでなく、海は硬く厚い氷に閉ざされ、夏は雪が解けて台地が顔を出す、北極ツンドラ特有の気候のようです。
グリズリー、ホッキョクグマ、オオカミ、ヘラジカ、トナカイ、ドールシープなど多くの動物が生息し、ジャコウウシはいたるところで見られるそうです。

乾燥して澄んだ空気のコッツェビューは、オーロラ観測の名所としても知られています。Twitterで美しいオーロラの写真をたくさんシェアしているツイートを見つけました。ぜひご覧ください。

さらにYouTubeには、冬のコッツェビューのサンセットがアップロードされていました、幻想的な世界をお楽しみください。

今回の物件は、コッツェビューの外れにある約32万4000㎡の土地にロッジとコテージが付き、さらに金とガスの採掘権まで付いた土地です。
価格は、日本円で約1億5,500万円。SQM当たり約477円です。アラスカという地域を考えるとそれでも高いと感じるかもしれませんが、温暖化によって北極の地下資源へ注目が集まる昨今、アラスカ最大の金鉱床といわれるノアタック国立保護区内にあるこの土地は、むしろお買い得な物件なのかもしれませんね。


Propre Virtual Tourism

Propre Virtual Tourism
Propre掲載物件の中から気になる物件を選び出し、その物件の周辺情報を調べてまとめて、バーチャルな物件見学ツアーへお連れします。